雑誌「自遊人」が運営。無添加・オーガニック・魚沼産コシヒカリ 「オーガニック・エクスプレス」

iso

定期

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

日本料理の名店も絶大な信頼をおく大久保醸造の限定仕込み

大久保さんの“米”味噌 大久保醸造の長期熟成味噌 (信州味噌)

大久保さんの“米”味噌 大久保醸造の長期熟成味噌 (信州味噌)

米にも大豆にも麹菌をつけて発酵させる手間のかかる製法で醸造

普通の3倍以上の手間をかけて天然醸造した信州味噌

大豆の旨みと風味が驚くほど濃厚な辛口の味噌

化学調味料や合成保存料などは一切無添加

容量は、1パック500gです

出荷元:自遊人配送センター(新潟)

ポイント: 6 Pt

1,333 (税抜)
数量:

※容量は500gです。

ここでしか買えない特別仕込み!

自遊人で扱っている味噌は、遺伝子組み換え大豆は一切使わず国産原料だけを使用し、化学調味料は無添加で長期熟成。しかも木桶で仕込んでいるという、今ではほとんど見かけない、いわば「幻の味噌」です。

この味噌もそのひとつ。職人気質のご主人がつくる信州みそです。

通常の米味噌は、米にのみ麹菌をつけますが、大久保さんは、大豆にも麹をつけ、大豆のひと粒ひと粒に麹菌を繁殖させる、という手間のかかる方法に進化させました。

普通の作り方の3倍の時間がかかるうえに、
「大豆は納豆菌がつきやすいから、気を抜くとすぐ納豆になっちまう」
と苦労も多いのですが、ここまですることによって、何度煮返しても香りが飛ばない、味わい豊かな味噌ができるのだといいます。

「甘いだけの味噌が主流だけれど、味噌本来の味っていうのはこういうもんなんだよ」
と大久保さん。大豆の割合に対してお米の割合を増やすほど、味噌の味は甘くなりますが、大久保さんの味噌は米麹の割合をギリギリまで抑えています。

だから甘さは控えめで、米味噌としては珍しいほど豆の風味と旨みが引き出されています。
発酵がもたらすその濃厚な香りは、最近の時間をかけずに作られた風味のない味噌しか知らない世代には刺激が強すぎるかもしれませんが、その香りをしっている方にはきっと郷愁を誘うはず。
子供の頃に飲んだ「あの味噌汁の香り」を思い出すかもしれません。
大久保さんの“米”味噌 大久保醸造の長期熟成味噌 (信州味噌)

天然醸造の味噌の保管について

天然醸造されたお味噌は無添加品のため、発酵が続いています。

発酵が進むごとに色が濃くなりますが、品質上は問題ありません。
むしろ熟成が進めば進ほど味わい深くなりますので、
ぜひ安心してご賞味ください。

また、常温で保存しておくと夏は袋が膨張することがありますが、
これも発酵が続いているためで、品質上問題ありません。
熟成が進み"たまり"が出る場合がありますので、できれば夏場は冷蔵庫での保管をおすすめします。

お味噌の詳細

●大豆 : 米の比率 10:3.6
●熟成期間 1年以上
●塩分量 12〜13%
原材料 大豆(国産)、米(国産)、塩、酒精
化学調味料
保存料・着色料
内容量 500g
賞味期限 常温で6ヵ月
保存方法 冷暗所で保存
産地 長野県
配送温度 常温
お届けの目安 通常 1週間~10日程度で発送
商品コード FB-010

お客様の声

  • 2011/06/29

    ★★★★★

    大久保醸造のお醤油がお気に入りで、お味噌は今回初めて購入しました。
    期待を裏切らない味で大満足です。甘さ控えめで豆の旨みが存分に味わえました。麦味噌も是非試してみたいです。

  • 2011/02/10

    ★★★★★

    大久保さんの醤油のファンで醤油は定期的に買っていたのですが、お味噌は、今回はじめて買ってみました。
    やっぱり大久保さんのはおいしい! 
    豆の風味が感じられる味噌って、最近ホントに少なくなってますよね。
    これからも買いますので、大久保さん、この味を絶やさないでください!

  • 2010/05/05

    ★★★★★

    こんなにお味噌汁を味わって戴いたのは、何年振りでしょうか・・・
    どうな疲れも一瞬、忘れさせてくれます。ふくよかな香り、こくのある味わい・・・たまには、こんな贅沢も良いのではないでしょうか。

カートに戻る