雑誌「自遊人」が運営。無添加・オーガニック・魚沼産コシヒカリ 「オーガニック・エクスプレス」

定期

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

ボトルの材質まで体にやさしい、日本人の髪の他ために生まれた唯一無二の潔いヘアケアシリーズ

天然由来100%。頭皮の健康まで考えた「ノンシリコンシャンプー&トリートメント〈余[yo]〉」

天然由来100%。頭皮の健康まで考えた「ノンシリコンシャンプー&トリートメント〈余[yo]〉」

日本人の髪のために考えられた、天然由来成分100%のシャンプー&トリートメント

洗うたび毛髪に素直なハリとコシを与え、髪をまとめやすく仕上げます

髪の土壌である頭皮のことを最初に考え、本来は必要ない要素を削ぎ落としました

オーガニック・エッセンシャルオイルを用いて生まれる自然な香りが特長です

ボトルに至るまで徹底的にこだわった「体と環境にやさしい」余[yo]。(ボトル別売)

出荷元:自遊人配送センター(新潟)

ポイント: 12~20 Pt

2,546~4,074 (税抜)
余[yo]:
数量:
内容 価格(税抜)
余白1 シャンプー 素髪感(アルミパウチ入) 300ml 3,056円
余白2 シャンプー 潤い感(アルミパウチ入) 300ml 3,056円
余韻1 トリートメント 浸透感(アルミパウチ入) 300ml 3,056円
ボトル「余の箱」 角(濃灰) 4,074円
ボトル「余の箱」 角(灰) 4,074円
ボトル「余の箱」 丸(白) 4,074円
トライアルセット(シャンプー2種+トリートメント)各50ml 2,546円

※シャンプー(余白1・余白2)、トリートメント(余韻1)のボトルは別売です。
ボトル「余の箱」のいずれかを、お買い求めください。

※本品は消費税10%の商品です。
※オーガニック・エクスプレスでは、
消費税8%の食品と、消費税10%の食品以外の商品を掲載しておりますが、
システム上、税率の併用ができませんため
消費税を含めた合計金額が、商品代+消費税10%の金額になるように設定しております。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

天然由来100%。頭皮の健康まで考えた「ノンシリコンシャンプー&トリートメント〈余[yo]〉」

「日本人に最も適したもの。心身ともに健やかになるものを」。   頭皮を労わることを第一に考えた唯一無二のヘアケアシリーズ<余[yo]>

日本人の髪質や日本の風土を前提に、人工的な香りやツヤを加えるのではなく、髪の土壌である頭皮のことをまず第一に考え、本来は必要のない要素を削ぎ落としたヘアケアシリーズ余[yo]。

ケミカル・フリーの天然由来成分100%。
強くて早い効果ではなく、じんわりやさしく髪と頭皮に浸透して労わり、ひいては心も暮らしもやさしく生活も整える。そんな願いと思いが形となってようやく誕生したヘアケアシリーズが、オーガニック・エクスプレスにも登場しました!

人工的な要素を削ぎ落とし、頭皮と髪にとって本当に必要なものだけ。
4年の歳月を経てようやく完成しました

ヘアサロン表参道アトリエの高柳潤さんと、様々なナチュラル、オーガニック製品を展開するたかくら新産業の髙倉健さんが、日々使っているインポート・シャンプーについて会話を交わしたことが発端で、このプロジェクト、開発がスタートしました。

「決して悪くない。けれどもっといいものがあるのではないか」
その違和感は、最終的に日本人の髪質と日本における水質の違いに行き着いたといいます。
そうして、すべての行程と素材選びを日本国内でまかない、日本人に最も適したシャンプーをつくろうという決断に至りました。

「今までヘアケア製品を装飾してきた人工的な艶や香りを削ぎ落とし、頭皮と髪にとって本当に必要なものだけを丁寧に生成する」
ですが、理想と現実はなかなかうまく噛み合いません。
ケミカル・フリーで自然由来成分100%にこだわるコスメメーカーの金井誠一氏と共に進めた生産は、二転三転。何年も試行錯誤と失敗、試作を繰り返しました。

「環境にやさしい」もの。
そのこだわりは、ボトルにまで及びます。
こちらも製作会社からの最初の提案を覆し、最終的に、通常は口に触れる哺乳瓶などに使われる、安全性の高い素材を用いて製作することに決定。
(後述の「環境にやさしく安全性高い耐久用ボトル。口に触れてもよい素材でつくった「余の箱」」の項をご参照ください)

そうして構想から4年の歳月を経て完成したのが、2019年4月のこと。

ボトルの素材にまで徹底的にこだわった、唯一無二のへケアシリーズ。
今までにはない、全く新しいコンセプトの製品の誕生です。
天然由来100%。頭皮の健康まで考えた「ノンシリコンシャンプー&トリートメント〈余[yo]〉」

最も身体に負担が少ない天然由来100%実現のため、防腐剤、保存料、シリコン系ポリマーなど一切不使用

植物成分には様々な解釈がありますが、〈余[yo]〉が考える天然由来100%を実現するため、防腐剤、保存料、抗菌材、DEA MEA TEA、キャリーオーバー、水以外の抽出溶媒、シリコン系ポリマー、石油系界面活性剤、石油系合成香料、石油系合成色素を使用していません。

「現時点で努力できる、最も身体に負担が少ないヘアケア製品の生成法だと考えています。
即効性というより、ゆっくり身体に染み渡る遅効のシャンプーとトリートメント。
日本人が毎日自然に味わう出汁料理のように、派手さは少ないけれど正直で素直なヘアケア製品にたどり着きました」と、高柳さん、高倉さん。

「髪と頭皮、そして心身ともに健やかな毎日に」

〈余[yo]〉は、髪を洗うだけでなく、髪の土壌である頭皮をいたわることも大切にしています。洗髪中に立ちのぼるほのかな香りが、自然で心地よい気持ちに導き、最終的には使う方の心身を整えるものにしたい。そんな思いが込められています。
天然由来100%。頭皮の健康まで考えた「ノンシリコンシャンプー&トリートメント〈余[yo]〉」

頭皮と髪をやさしく洗い、ハリとコシを与えるシャンプーと、    潤いとツヤを与え、髪をしなやかにするトリートメント

▼植物由来の洗浄成分がきめ細やかな泡立ちを生む、ノンシリコンシャンプー「余白」は2種類。
【余白1 シャンプー 素髪感】
頭皮と毛髪をやさしく洗い、洗うたび毛髪に素直なハリとコシを与え、髪をまとめやすく仕上げます。オーガニック・エッセンシャルオイルを用いて生まれる自然な香りが特長です。
【余白2 シャンプー 潤い感】
頭皮と、ダメージを受けた毛髪をやさしく洗いながら潤します。洗うたび毛髪にハリとコシを与え、傷んだ髪をまとめやすく仕上げます。柑橘系を多く含んだオーガニック・エッセンシャルオイルの香りが特長です。

▼自然由来の成分でつくったトリートメント「余韻」。
【余韻1 トリートメント 浸透感】
毛髪だけでなく頭皮にもしっかり浸透し、潤いとツヤを与えます。また、髪をしなやかにしてクシの通りをよくします。

お試しに、旅行用に、シャンプー2種類とトリートメント、それぞれ各50ml入りトライアルセットもご用意しています。

※シャンプー、トリートメントは、上記写真のアルミパウチ製、簡易パッケージに入っています。
 ボトル「余の箱」(下記写真)は、別売です。
天然由来100%。頭皮の健康まで考えた「ノンシリコンシャンプー&トリートメント〈余[yo]〉」

環境にやさしく安全性高い耐久用ボトル。口に触れてもよい素材でつくった「余の箱」(別途ご購入ください)

ゴミを最小限にとどめながら、出来るだけずっと長く使ってもらうために用意された、耐久用ボトル「余の箱」。
浴室の空気を換えるような存在感をもつ「余の箱」のインナーボトルには、哺乳瓶に使用されるほど成分への安全性が高い「飽和ポリエステル樹脂(トライタン)」という素材を使用しています。

ヘアケア製品のボトルひとつに対しても、使って捨てる消費サイクルを俯瞰し、環境に配慮したい。そしてこの商品を手に取る人々の髪を整えながらも、環境への意識が少しでも同じ方向を向いてくれたら。それが〈余[yo]〉の願いです。

肌にやさしいトライタンをできるだけ長く使用してもらい、ごみを出さないために作られた「余の箱」は、肌を露出する使用時の万が一に備え軽量な樹脂素材でできています。しかしコンクリートや石膏を切り出したかのような朴訥な表情は、空間に整然とした重量感を醸し出します。製品が髪を整えるように余の箱はその装飾性の無さにより、使い手の空間を整えることを目指しました。

▼ボトル「余の箱」。下記にて、さらに詳しくご紹介しています。
ボトルの素材にもこだわっています。潔いヘアケアシリーズ〈余[yo]〉のボトル「余の箱」。

多くの方々の思いと、長い時間をかけた工夫と根気の積み重ねによって生まれました

【発起人・監修】
高柳潤(omotesando atelier)

ヘアスタイリストomotesando atelire代表。「スタイリングとは、髪と共に気持ちを整えること」を信条に、自身が代表を務める表参道のサロンを拠点に幅広く活動を展開。

「余[yo]に対する思い」
お風呂に入って髪を洗い流す時間は、1回リセットする、自分をきれいに整える時間だと思います。そんなときに使うシャンプーや、コンディショナーは、身体にいいもの、やさしいものであって欲しい。入っていなくていいものは、なるべく入れない。普通のことだから、やればできるはず。開発当初はそう思っていた自分が心底甘かったことに、間もなく思い知らされました。
[yo]は、開発に携わっていただいた多くの方々の思いと、長い時間をかけた工夫と根気の積み重ねによって生まれた商品です。髪と地肌にあった、ちゃんとしたシャンプー、コンディショナーがどういうものなのか、多くの方に体験していただけたら嬉しいです。

【生産】
金井誠一(美容薬理株式会社)

石油系化学物質などの防腐剤を使わず、自然由来成分100%にこだわるコスメメーカー。化粧品の原料の品質安定剤、キャリーオーバー成分も配合されない製品を探す消費者の要望に応えるため、原料も内製化するなど「真のナチュラルコスメメーカー」を目指した製品開発に取り組む。

「余[yo]に対する思い」
シャンプーの開発について、高柳さんから「世の中を変えませんか?」と直談判とも言える発言とともに、弊社の工場にこられました。その後、話し合いが続きましたがなかなか進展がない。そこで、「電話で話していてもらちがあかないので、『ナチュラルコスメマイスター』を受けて欲しい」と要請しました。高柳さんはその案にすぐ対応、見事合格されました。この人は本気だとわかった瞬間です。
それから開発が加速して不要なものは削ぎ落とす、マイナス処方がなされました。原料の段階でキャリーオーバー無し、製品中に石油由来ゼロを目指す。それでいて使用感は犠牲にしない、この難問に精魂傾けたのです。

【企画・コンセプト制作】
幅允孝(BACH)

有限会社BACH(バッハ)代表、ブックディレクター。人と本の距離を縮めるため、公共図書館や病院、動物園、学校、ホテル、オフィスなど様々な場所でライブラリーの制作を行う。

「余[yo]に対する思い」
表参道アトリエで高柳さんに髪を切ってもらっている最中に、「余白」と「余韻」という名前はスーッと浮かびあがりました。日本人の髪質にあった、日本でつくるヘアケア製品だから、日本語の名前がよいと思っています。特に「余韻」は気に入っていて、コンディショナー使用中ほのかに香るバスルームの風景が想像できました。
一方、ブランド名の余[yo]は紆余曲折の末、あとからできあがりました。漢文学者・白川静さんの本を参照しながら「余」という文字の来歴や隠れた意味も踏まえています。製品の中身も、佇まいも、シンプルで潔いものになるよう心掛けたつもりです。

【デザイン】
長嶋りかこ(villager R)

villager R主宰。対象のコンセプトや思想の仲介となってその世界観と知覚情報をデザインする。

「余[yo]に対する思い」
無駄な成分を省き、必要最小限の要素で髪を整えることに注力したシャンプーとコンディショナーの「外側」にふさわしいデザインは、やはり同じく無駄を省き、必要最小限の要素で、このパッケージを置く空間を整えるような、そんな佇まいを目指していきました。素材選びにおいて、トライタンやバイオプラスチックを採用するなどのたかくら新産業の徹底した環境配慮によって、外側のデザインは中身の姿勢と同じ方向を向くことができたように思います。
高柳さんが髪を切る所作には、人の精神を整えるような独特な雰囲気があるのですが、この商品もまた、髪を整え、空間を整え、精神を整える、そんな存在になってくれたら嬉しいです。

【容器制作】
佐藤孝徳(佐藤金属興業)

「ものづくりの町」として栄える新潟県燕市を拠点とする洋食器メーカー。
無駄な装飾のない美しくシンプルなデザイン、確かな加工技術が生み出す品質と機能性を追求した製品は、家庭だけでなくホテルやレストラン、カフェなどで幅広く愛用されている。

「余[yo]に対する思い」
髙倉社長がこだわったのは「環境にやさしい」ことと「長く使える」ことでした。ふとした会話のなかで、「現時点で人体や環境にいちばんやさしい素材はトライタンですね」と話したところ、是非その素材で作ってもらいたいということでした。非常に困りました。ポリプロピレン以上の素材はPETや他の素材もあるのですが、さらに上の素材トライタンをインナーボトルに使用した容器は市場にありません。従来、哺乳瓶やドリンクボトルに使う素材で、口に触れても安心な素材。口に触れることがない、見えない部分に使うことはもったいないかもしれません。しかし、見えない部分にもこだわりたい。容器にも安心の素材を使いたい、という髙倉社長の熱意が、この製品を完成させた一番の要因です。

【総販売元】
高倉健(たかくら新産業)

1993年創立。「日本にまだないもの」をコンセプトに世界のナチュラル、オーガニック製品を日本のマーケットに数多く紹介。2007年よりオーガニックのオリジナルブランドを設立。「オーガニックとナチュラルをデイリーユースに」をミッションとし、日本中の人が毎日使える最高品質かつ手に取りやすい価格の製品を開発。

「余[yo]に対する思い」
「輸入のナチュラルヘアケアはほとんど使ってみたけれど、欧米人と日本人の髪質が違うので、満足出来るものが1つもなかった!」高柳君に髪を切ってもらっているときに言われたこの言葉から、二人で日本人に本当に合うヘアケアの開発が始まりました。
様々なプロフェッショナルの方々がこのプロジェクトの想いに賛同してくださり、難しい、非常識、無理だと何度も言われながら、ようやく完成しました。余[yo]が目指したのは、効果を最大限に求めるのではなく、髪と心を整えること。そしてエコ&サスティナブルでありながらスタイリッシュでもあること。多くの方に余[yo]を体験していただけることを願っております。
原材料 原材料は、最下部をご参照ください
化学調味料
保存料・着色料
内容量 300mL
賞味期限
保存方法
産地
配送温度 常温
お届けの目安 通常 14時までのご注文で即日発送
商品コード FT-401

原材料はこちらをご参照ください

シャンプー、トリートメントは、天然由来植物成分100%を実現しました。

【余白1 シャンプー 素髪感】
水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸Na、ローズマリー葉エキス、グリセリン、センブリエキス、セージ葉エキス、スギナ葉エキス、トウキ根エキス、ホホバ種子油、ラベンダー油、スイートオレンジ油、ユーカリ油、ティーツリー葉油、ニュウコウジュ油、酵母エキス、スクワラン、褐藻エキス、トコフェロール

【余白2 シャンプー 潤い感】
水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸Na、ローズマリー葉エキス、ラウロイルグルタミン酸Na、センブリエキス、セージ葉エキス、スギナ葉エキス、トウキ根エキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、コメヌカ油、ホホバ種子油、ラベンダー油、スイートオレンジ油、ユーカリ油、ベルガモット果皮油、ティーツリー葉油、ニュウコウジュ油、スクワラン、酵母エキス、褐藻エキス、トコフェロール

【余韻1 トリートメント 浸透感】
水、ベヘニルアルコール、水飴、ローズマリー葉エキス、ヤシ脂肪酸グリセリル、スクワラン、ホホバ種子油、ヒアルロン酸Na、ハッカ葉油、ラベンダー油、ベルガモット果皮油、ニュウコウジュ油、イランイラン花油、酵母エキス、褐藻エキス、トコフェロール、加水分解コラーゲン、キトサン

【余の箱(ボトル)】
インナーボトル:飽和ポリエステル樹脂(トライタン:耐熱温度90℃)
アウターボトル:ポリレジン(耐熱温度60℃)
ポンプ:ABS樹脂ポリウレタン塗装(耐熱温度60℃)、ポリプロピレン(耐熱温度80℃)、ポリエチレン(耐熱温度60℃)、ステンレス

カートに戻る