雑誌「自遊人」が運営。無添加・オーガニック・魚沼産コシヒカリ 「オーガニック・エクスプレス」

iso

定期

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

いつもの暮らし。食卓のある暮らし。

雑誌『自遊人』2012年5月号「食卓を囲もう。」

雑誌『自遊人』2012年5月号「食卓を囲もう。」

特集「食卓を囲もう。」

この人の食卓を覗いてみました。塗師、エッセイスト、オーナーシェフ......

伊那谷、自給自足の暮らし

レシピ公開中! 自遊人の食卓

ウー・ウェンさんに教わる食養レシピ、1週間

出荷元:自遊人配送センター(新潟)

ポイント: 3 Pt

743 (税抜)
数量:

特集──食卓を囲もう。

あなたにとって「食の豊かさ」とはなんですか?

個食の時代に逆行するようですが、やっぱり食卓を囲むことは人生の幸せのひとつだと思います。家族と、職場の仲間と、気の合う友人と……。
美味しい料理は、誰かと食べるほうがさらに美味しくなると思うのです。
あなたにとって「食の豊かさ」とはなんですか?

—この人の食卓を覗いてみました。—

一緒に食べれば家族同然。弟子や友人が集まって食卓はいつも大にぎわい。
塗師・エッセイスト
赤木明登さん・智子さん 【石川県・輪島市】

つくり手も食べ手も笑顔に。一食一食を大切する“食”に携わる仕事場の食卓。
『青家』オーナーシェフ
青山有紀さん【東京都・目黒区】

いつも家族一緒にいたいから自宅近くに店を移転しました。
靴製造『nakamura』オーナー
中村隆司さん・民さん 【東京都・足立区】

世界を駆け巡り、探し求めた“理想の食卓”。時には仲間と、こんな食事会を開きます。
アンティーク家具『lool』オーナー
吉永憲彰さん・夏美さん 【山口県・山口市】


自家製の無農薬野菜をたっぷり使った信州の郷土料理が食卓の中心。
伊那谷、自給自足の暮らし。

手軽にできてしかも美味しい、春野菜をたっぷり使ったおすすめのメニュー。
ウー・ウェンさんに教わる食養レシピ、1週間。


〈新連載〉 椎名誠 「ウー君、ロン君 ニッポン地カレーどか食い旅」
第一回/神戸編

いまや日本の「三大国民食」の巨大な一角を担う
カレーライスも、各地さまざま。地カレーの時代、といってもいい。カレーにはウーロン茶が抜群の相性だった、という「地カレー、ウーロン茶相思相愛の法則」を発見した二人のカレー大食い男が全国をアヒアヒ行脚する。


再生可能エネルギー 最先端の国々へ
第5回 ニュージーランド
取材・文 岩佐十良

原子力推進艦船ですら寄港させない反核の国、ニュージーランド。
再生可能エネルギーにも積極的で現在すでに72.7%、2025年には90%の電力をまかなうことを決めています。私たちはニュージーランドに何を学べばよいのでしょうか。

Ecological.Creative.Organic. We're designing life

安全・安心・本物の食。オーガニックで作られた素材や衣類、生活雑貨。お仕着せではない旅のかたち。
自分のために時間を過ごしたいという、時間的にも精神的にもゆとりのある大人のために。旅や食、住、趣味など、オフタイムの楽しみ方をご提案します。

自遊人は年4回、3月、6月、9月、12月の26日(26日が日曜・祝日の場合は前日25日)の発売です。
2017年2月号より定価を1,200円(税込)に改定いたしました。

定期購読は送料無料です。
定期購読はこちらのサイトでご購入いただけます。

『自遊人』を作るのは、こんな会社です

自遊人 公式ホームページ
http://www.jiyujin.co.jp/

●自遊人編集部は、米どころ・魚沼にあります
自遊人編集部は、2006年に新潟県南魚沼市にお引っ越し。営業担当の一部の社員をのぞき、社員一同で、新潟県南魚沼市に移住・移転しました。
株式会社自遊人・株式会社自遊人の暮らしの会社概要はこちら

●Facebookも更新しています。
自遊人Facebook
原材料
化学調味料
保存料・着色料
内容量
賞味期限
保存方法
産地
配送温度 常温
お届けの目安 通常 14時までのご注文で即日発送
商品コード Z-076

カートに戻る