雑誌「自遊人」が運営。無添加・オーガニック・魚沼産コシヒカリ 「オーガニック・エクスプレス」

定期

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

Seeking recipes of wisdom.

「発酵食と保存食。」       2020年2月号(12/26発売)

「発酵食と保存食。」       2020年2月号(12/26発売)

御食国・若狭が守り続けてきた究極の発酵食。

鮭の街・村上を旅する。

インタビュー コラムニスト/中村孝則さん

いまどき、簡単!フライパンごはん十二箇月/神田裕行

出荷元:自遊人配送センター(新潟)

ポイント: 5 Pt

1,091 (税抜)
数量:

雪国の風土が生んだ発酵食と保存食。


豪雪地・新潟県南魚沼の宿 「里山十帖」の料理に欠かせない発酵と保存。
岩手県遠野で民宿「要」を営む佐々木要太郎さんが訪ねます。

[御食国・若狭が守り続けてきた究極の発酵食。]
若狭地方の郷土料理「へしこ」と「なれずし」。
伝統的な製法で守り続けている小浜市のとある漁村を取材しました。
小浜にゆかりのある料理人、中東篤志さんに話を聞きました。

[鮭の街・村上を旅する。]
三面川に遡上する鮭が、かつて藩の財政を支えていた新潟県北限の街、村上市。
今でも、塩引き鮭をはじめ、鮭を頭から尻尾まで
ありがたくいただく鮭文化が根付いています。

[日本の発酵食文化の奥深さを伝える旅。]
鮨の原型と言われる滋賀県を代表する郷土料理「鮒寿し」。
大津市街の商店街には、鮒寿しの老舗をはじめ、
発酵食文化を現在に伝える名店が数多くあります。
世界各地のスローフードに詳しい、 作家の島村奈津さんが旅をしました。

-私の注目するローカル・ガストロノミー-
全国を股にかける「食いしん坊」4名の方々に、
今、注目する地方のお店について聞きました。
・赤木明登さん(塗師)
・マッキー牧元さん(タベアルキスト)
・寺田直子さん(トラベルジャーナリスト)
・森枝卓士さん(ジャーナリスト)

-連載-
・いまどき、簡単!フライパンごはん十二箇月 「日本料理かんだ」神田裕行
・”始末ごはん”教室 料理研究家 松田美智子
原材料
化学調味料
保存料・着色料
内容量
賞味期限
保存方法
産地
配送温度 常温
お届けの目安 通常 14時までのご注文で即日発送
商品コード Z-112

Ecological.Creative.Organic. We're designing life

安全・安心・本物の食。オーガニックで作られた素材や衣類、生活雑貨。お仕着せではない旅のかたち。
自分のために時間を過ごしたいという、時間的にも精神的にもゆとりのある大人のために。旅や食、住、趣味など、オフタイムの楽しみ方をご提案します。

自遊人は年4回、3月、6月、9月、12月の26日(26日が日曜・祝日の場合は前日25日)の発売です。

定期購読は送料無料です。
定期購読はこちらからご購入いただけます。

『自遊人』を作るのは、こんな会社です

自遊人 公式ホームページ
http://www.jiyujin.co.jp/

●自遊人編集部は、米どころ・魚沼にあります
自遊人編集部は、2006年に新潟県南魚沼市にお引っ越し。営業担当の一部の社員をのぞき、社員一同で、新潟県南魚沼市に移住・移転しました。
株式会社自遊人・株式会社自遊人の暮らしの会社概要はこちら

●Facebookも更新しています。
自遊人Facebook

カートに戻る