雑誌「自遊人」が運営。無添加・有機・オーガニック食材の通信販売「オーガニック・エクスプレス」

iso

リニューアル

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

2017.06.26

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1.1本につき約90gの完熟野菜乳酸菌発酵の力にも注目

2.ファイトケミカル豊富な野菜は、すべて国産!

3.発酵には白砂糖を使わないのに、飲みやすい。
毎日飲める飲みやすさを目指しました。

1本につき約90gの完熟野菜乳酸菌発酵の力にも注目

 さらっと飲めて、毎日飲んでも飽きないと人気の「野菜時間」。リピーターもますます増えているこのジュースは、もともと、わたしたち自遊人が「日本人の食生活にあった野菜ジュースを作りたい!」という思いから企画がスタートしたもの。
 ファイトケミカルたっぷりの野菜をたくさん食べ、天然由来の乳酸菌を含む、無添加の漬物や天然醸造の味噌を摂るといった昔ながらの食生活は、身体の免疫力を高めると言われています。けれども、忙しい毎日では野菜不足になりがちで、塩分の多い漬物や味噌を大量に食べるわけにもいきません。
 そこで、安全な素材を使った野菜ジュースを乳酸菌で発酵させられないかと考えたのです。
 最近でこそ乳酸菌入りの菓子やジュースも登場していますが、自遊人がいち早く販売を始めたのは7年前。しかも〝乳酸菌を配合〟ではなく〝乳酸菌で発酵〟です。実はここには大きな違いがあります。 
 乳酸菌は、生きたまま腸に届けば
腸内フローラのバランスを整える作用があります。一方、乳酸菌が発酵する際に作り出すのが「バイオジェネクス(乳酸菌生産物質)」。これは腸内フローラを介さずに直接、身体に働きかけ、善玉菌を大幅に増やすほか、さまざまなよい作用があることがわかってきています。バイオジェネクスは生きた菌ではなく、二次物質なので、加熱殺菌しても効果は変わりませんし、胃酸の影響も受けずに、きちんと腸に届きます。

ファイトケミカル豊富な野菜は、すべて国産!

開発にあたっては、野菜の加工だけでなく、乳酸菌発酵技術も備えた協力工場に依頼。何度もの試作を重ね、ようやく完成させたのが、塩分はゼロなのに漬物を大量に食べるのと同じように乳酸菌とバイオジェネクスを摂取できる〝野菜の完全型〟とも言える「野菜時間」でした。
 原料の国産野菜は、ファイトケミカル豊富なブロッコリーとホウレンソウ、コマツナの3種。ほぼ同量ずつブレンドしています。どれも、野菜本来の甘みが増すよう、一般には規格外とされるサイズまで畑で大きく育てた〝完熟野菜〟です。
 加える乳酸菌は加熱殺菌しても生き残りやすい植物由来のもの。整腸作用があるとされる「エンテロコッカス・フェカリス菌」、麴漬やキムチに含まれ、抗生物質に似たバイオジェネクスを生み出す「ラクトパチルス・プランタルーム菌」、整腸作用とともに旨みを生む役割を持つ「ロイコノストック・メセンテロイデス菌」の3種を選びました。

発酵には白砂糖を使わないのに、飲みやすい。
毎日飲める飲みやすさを目指しました。

 また発酵には砂糖を使わず、りんごジュースのみ。一般的によく使われる濃縮還元ではなく、国産りんご100%のストレートジュースです。製造工程では、まずはりんごの糖分を乳酸菌の栄養にし、数日間発酵させてから、おいしさと飲みやすさを増すために再度りんごジュースを調合します。「野菜時間」のやさしい甘みを作り出しているのは、りんごと野菜だけ。砂糖や甘味料は一切使っていません。
 ごくごくとさっぱり飲めるのは、素材や製造法にどこまでもこだわったゆえ。野菜の栄養がしっかり摂れるうえ、乳酸菌とりんごの風味が生む爽やかな酸味も好評でおいしさにもこだわりました。価格は少々高いのですが、原価の張る国産野菜を大量に使っているからだとご理解ください。
 忙しい方にこそおすすめしたい毎朝の1本。ぜひお試しを!



1.3種の完熟野菜をさっと茹でてから水にさらし、その後ピューレ状にします。
2.乳酸菌と少量のりんご果汁を加え、数日間の発酵を経てから裏ごしします。写真は裏ごしした野菜カス。
3.再度裏ごしし、ストレートのりんごジュースとブレンドします。
4.調合が終わった状態。この後、機械で加熱殺菌します。
5.瓶に詰めてキャップをします。
 「野菜時間」には200㎖瓶と1ℓ瓶の2種類があり、200㎖あたりで約90gの野菜が使われています。
6.完成しました!

契約栽培で国産野菜だけを使ってます




ほうれん草は野菜が美味しい長野産
長野県産を使用。通常の野菜として出荷されるサイズより大きくなると甘みが増してきます。通常は筋が多くなってくるため規格外になってしまうのですが、ジュース用として農家さんに育ててもらっています。


プレミアム版は有機小松菜を使用
長野県産。ほうれん草と同じく、甘味が増す規格外の大きさまで育てたものをジュースに使用。また年に1度のみ製造している「野菜時間プレミアム」で使う小松菜は、有機栽培のものを作ってもらっています。


名産地・長野のりんごです
地域は、りんごが盛んに栽培されているため、安定して国産りんごを確保できます。「野菜時間」に使うりんごジュースは、風味を活かすため、もちろんストレートです。

発酵 × 乳酸菌

野菜が含むファイトケミカルたっぷり

緑黄色野菜には健康維持に有用なファイトケミカルがたっぷり含まれています。ブロッコリーは、ガン予防が期待できるイオウ化合物をはじめ、クロム、カリウムなどの成分が豊富。ほうれん草と小松菜も、カロテンや鉄、マグネシウムなどが多い栄養豊富な野菜です。



乳酸菌×発酵が体内の環境を整える

乳酸菌が腸内フローラのバランス改善に有効なのはよく知られていること。さらに注目したいのが、乳酸菌による発酵が生み出すバイオジェネクスの作用です。発酵過程を経ることで生成される二次物質は加熱や胃酸にも強く、身体の健康維持によいとされます。
このエントリーをはてなブックマークに追加