雑誌「自遊人」が運営。無添加・オーガニック・魚沼産コシヒカリ 「オーガニック・エクスプレス」

定期

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

ステーキよりお得に、松阪牛の最高ランクを味わえます!

【限定販売】松阪牛 A5等級 焼肉用

【限定販売】松阪牛 A5等級 焼肉用
  • 産地直送
  • 贈答向け
  • 定番人気

黒毛和牛のブランド最高峰・松阪牛のなかでも肉質等級・最高ランクのA5等級

適度に入った霜降りと、赤身肉の旨みをご堪能ください

じわっとあふれてくるジューシーな旨みがたまりません

木箱入りで贈り物にもおすすめです

出荷元:松阪肉丸賢(三重)

ポイント: 47 Pt

9,400 (税抜)
肉 容量:
数量:
内容 価格(税抜)
焼肉用 (ウデ) 400g 9,400円

※木箱入り。証明書を付けてお送りします。
※のし紙お付けできます。ご注文の際、ご希望内容を備考欄にお書き添えください。

※写真の見た目は、実物と多少異なる場合がございますが、何卒ご了承ください。

高級ブランド和牛・松阪牛の、最高ランク「A5」等級をお届けします

牛肉のランクを表す数値にA4、A5などと表されるの肉質等級があります。
数字が大きいほど霜降りが多くきめ細かく、肉と脂の色がきれいということで、最上の等級が「5」。
ご自宅用でも、ご贈答用としてもA4等級で十分高級品。百貨店などで「最高級」として販売されているのも、ほとんどがA4ランクですが、この肉はその上、最高ランクのA5等級です。

霜降り度合い、いわゆる"サシ"の入れ方と、サシに味を乗せられるかどうかは、肉牛農家の技術次第。その点で、全国屈指の技術力を誇るのが、松阪牛なのです。

お正月など、ご家庭でとっておきのごちそうや、大切な方への贈り物に最適なひと品です。

松阪牛正規販売指定店よりお送りします。
【限定販売】松阪牛 A5等級 焼肉用

ジューシーな旨みを頬ばる、焼肉におすすめの極上肉をお届けします

「ウデ」は、牛肉のなかでは、比較的脂(霜降り)が少ない部位。脂と赤身のバランスがよく、ロースよりあっさりとしていながら、適度に入った霜降りと、赤身肉の旨みをご堪能いただけます。
ジュージュー焼いているときの、極上肉ならではの香りもお楽しみください。

※上記3点写真のうち右下は、商品イメージです。
※写真の見た目は実物と多少異なる場合がございますが、何卒ご了承ください。


【ウデとは】
前足の付け根の上あたりに当たる部分。よく動かす前足に近い部分のため、やや硬めで脂肪が少なく、赤身中心ですが、肉の旨みや深い味わいを楽しめます。赤身が多いので、ややあっさりとした味わいですが、きめ細かなサシも入っているので味わいは濃厚です。
赤身肉の代表であるモモ肉より霜降りの割合は多く、ジューシー。後味はキリリとしながらもとろけるような食感です。
原材料
化学調味料 使用
補足:
保存料・着色料 使用
補足:
内容量 400g
賞味期限 製造から冷凍で100日
保存方法 冷凍(ー18度以下)で保存。お召し上がる前日に冷蔵庫に入れ自然解凍してお召し上がりいただくのがおすすめです
産地 三重県
配送温度 冷凍
お届けの目安 通常 1週間~10日程度で発送
商品コード FL-041

「松阪牛」とは

三重県内の定められた生産地域(旧22市町村)で肥育され(肥育期間が最長・最終であること)、松阪牛個体識別管理システムに登録された、出産を経験していない黒毛和種の雌牛を「松阪牛」と呼んでいます。

※生後12ヶ月齢までに松阪牛生産区域に導入された子牛の、導入後の移動は生産区域内に限る(平成28年4月1日以降に導入された牛が対象)。

「松阪牛」の豆知識、ご紹介します。

よく「松坂牛」と間違えられますが、正しくは「坂」ではなく「阪」。「松阪牛」です。
では、「松阪牛」。これを何と読むかご存じですか?

以前は「まつざかぎゅう」と呼ばれることが多いかったような気がしますが。
最近は「まつざかうし」と聞くことの方が多いと思いませんか?

はて、どんな決まりがあるのだろう?
疑問に思った「organic express」スタッフは、三重県松阪市役所に問い合わせてみました。

「以前は、 まつざかぎゅう、まつざかうし どの読み方でも良かったのですが、平成17年の合併(松阪市、三雲町、嬉野町、飯南町、飯高町)を機に松阪市を元の「まつざかし」から「まつさかし」と読み方を改めました」

「ですので、「牛」は「うし」でも「ぎゅう」でもどちらでも良いのですが、「松阪」→「まつさか」が正しいです」

つまり、「まつさかぎゅう」「まつさかうし」が正解で、「まつざかぎゅう」「まつざかうし」は不正解、という事です。
ああ、ずっと知りたかったことがわかってスッキリ、です。

送料ひとつでお届けできます!

※一例です。同じ発送場所からの品は一緒にお届けできます。

カートに戻る