雑誌「自遊人」が運営。無添加・オーガニック・魚沼産コシヒカリ 「オーガニック・エクスプレス」

定期

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

ポリフェノール豊富!マタギのエネルギー源だった無農薬栽培「がまずみ」果汁100%。免疫力アップに!

青森産・和製スーパーフルーツの「ナチュラルコーディアル<がまずみ>」

青森産・和製スーパーフルーツの「ナチュラルコーディアル<がまずみ>」

青森産・無農薬栽培の和製スーパーフルーツがまずみ100%のコーディアル

ポリフェノールは赤ワインに匹敵するほど、ビタミンCはレモンの約4倍

免疫力アップにおすすめの健康飲料です

地元・青森三戸町の老舗味噌・醤油蔵が製造

とても酸っぱいですが、ほんのり甘く、赤ワインのような香り

出荷元:自遊人配送センター(新潟)

ポイント: 5~116 Pt

1,000~23,300 (税抜)
がまずみ:
数量:
内容 価格(税抜)
200ml × 1本 1,000円
200ml × 6本 5,980円
200ml × 12本 11,850円
200ml × 24本 23,300円



青森産・和製スーパーフルーツの「ナチュラルコーディアル<がまずみ>」

マタギのエネルギー源だった和製スーパーフルーツ「がまずみ」

「がまずみ」という植物をご存じでしょうか。
青森県南地方の山野に自生する、ジョミまたはゾミとも呼ばれる、スイカズラ科の落葉低木。晩秋11月頃に、直径5mm程の小さな果実が燃えるように紅く染まります。カシスよりも一回り小さい鮮やかな紅色の実は、観賞用としても目を楽しませてくれます。

今、注目の山の恵み「がまずみ」は、マタギのエネルギー源だったという和製スーパーフルーツ。
マタギとは、クマなどの大型獣を捕獲する技術と組織をもち、狩猟を生業としてきた人のこと。
青森県三戸地方ではその昔、獲物を求めて一日中歩き回るマタギたちが、山中で食べるものがなくなるとがまずみを探し出して口にし、身体を休めたのだそうです。そのため山の神からの授かり物としてマタギたちから大切にされたと言われ、その名は「神の実」に由来し、「神の実(かみのみ)」→「神ッ実(かみつみ)」→「がまずみ」となったとも伝えられています。
青森産・和製スーパーフルーツの「ナチュラルコーディアル<がまずみ>」

赤ワインに匹敵するポリフェノールに、ビタミンCはレモンの約4倍。 がまずみ果汁100%の健康飲料コーディアル

マタギのエネルギー源だったというだけあって、その栄養分は厖大。
近年の研究により、がまずみ果汁に含まれるビタミンCはレモンの4倍、ポリフェノールは赤ワインに匹敵する量が含まれることがわかってきています。

含まれる主なポリフェノール類「シアニジン3-サンブビオシド」と「クロロゲン酸」は、果実中の含有量も多く、ガマズミの主たる活性成分。抗酸化作用や、糖代謝酵素への作用が期待される成分です。
ブルーベリーやカシスなどによく含まれる「シアニジン3-グルコシド」も含まれていますが、「シアニジン3-サンブビオシド」はガマズミに特徴的なアントシアニンです。

そんな体にうれしい成分が詰まったがまずみ100%でつくったジュース「ナチュラルコーディアル〈がまずみ〉」。
とても酸っぱいのですが、ほんのり甘く、赤ワインのような香りがします。
カクテルのベースやビネガードリンクとして、その他、南蛮漬けや和え物など料理に使っても、ポン酢やドレッシングにも、手作りゼリーやジャムに、またアイスクリームやヨーグルトにかけたり、幅広くお使いいただけます。

昔ながらの製法で味噌・醤油などを醸す地元の醸造元でつくっています

製造するのは、青森県三戸町で、昔ながらの製法で味噌・醤油などをつくる、明治34年創業の老舗・小野寺醸造元を営む小野寺さん。

話は30年ほど前に遡ります。
平成2〜3年頃のこと、小野寺醸造元に、「これは身体にいいからジュースにならないか」と「がまずみ」を持って、訪ねてくる人がいたそうです。何回も熱心にやってきてくれるので、青森県の工業試験場に、これはどういうものなのかとその人と一緒に聞きに行ったところ、場長に、
「岩手県でこれを農業にしようと頑張ったけれど、二戸あたりより南では実りがよくないので断念しかけている果実です。すごくいいものですから、引き継ぐ形でやってみたらどうですか」
と言われたことがきっかけで、開発がはじまりました。

はじめは野生のものを採集していたそうですが、手間が大変。そこで、
「畑に置いてみたらどうなるんだろうと、仲間と畑に植えてみたんです。三戸の山にはたくさんあったんで、町ではみんな『これはいいものだそうだ』と、自分の畑や庭に植えるようになって」
皆が植えるようになり、大ブームが起きたそうです。

その果汁を搾り、ジュース(コーディアル)に製造。
がまずみを手作業で収穫したら、房から果実をはずし、しばらくの間、果実を保存しておきます。その後、布をかぶせて機械で圧搾し、果汁を搾ります。
味噌や醤油と同じように、このコーディアルも、余計なものは何も加えず、昔ながらに丁寧に製造しています。

健康効果について、青森の研究機関と共同研究

酸っぱいですが、赤ワイン並みにポリフェノールがたっぷり。
小野寺さんは、その健康効果について、平成7年から青森県の研究機関と、そしてその後は、青森保健大学と一緒に共同研究。青森保健大学の教授が弘前大学に転任になり、今でも弘前大学と提携し、研究を続けています。
多くのお客様から喜んでいただいているという小野寺さん。大阪の開業医の方に、「薬が効かなくなってしまった患者さんに飲んでもらい喜んでもらっています」という声もいただいたそうです。

「真面目に取り組んでいるだけです。皆様の健康のお役に立ててうれしいですね」と謙遜する小野寺さんのスーパーフルーツコーディアル。

健康な生活に、ぜひお役立てください。
原材料 がまずみ ストレート
化学調味料
保存料・着色料
内容量 1本200ml
賞味期限 2ヶ月以上(2021年3月15日)
保存方法 直射日光と高温多湿の場所を避けて保存してください。
産地
配送温度 常温
お届けの目安 通常 14時までのご注文で即日発送
商品コード FH-191

カートに戻る