雑誌「自遊人」が運営。無添加・オーガニック・魚沼産コシヒカリ 「オーガニック・エクスプレス」

定期

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

アントシアニンたっぷり。はちみつを加えて飲みやすくしたドリンク用の紅芋酢です

はちみつを加えて飲みやすくした「はちみつ入り 紅芋酢 120ml」

はちみつを加えて飲みやすくした「はちみつ入り 紅芋酢 120ml」
  • 無農薬
  • 無添加

無農薬栽培の紅芋を、昔ながらの製法でじっくり発酵・熟成。

健康と美容のため、飯尾醸造の蔵人たちが毎日飲む上質なお酢。

ポリフェノールの一種、アントシアニンを豊富に含む。

水や炭酸水、牛乳などで薄めてドリンクとして。

ヨーグルトにかけたり、ビールに入れてビアカクテルにも。

出荷元:自遊人配送センター(新潟)

ポイント: 3 Pt

700 (税抜)
数量:
はちみつを加えて飲みやすくした「はちみつ入り 紅芋酢 120ml」

じっくり時間をかけて発酵・熟成させた、京都・飯尾醸造の本物の酢

京都府宮津市にある明治26年創業の飯尾醸造は、原料となる米づくりから酒造りまで、一貫して自社で手がける醸造のパイオニア。
プロの料理人や料理家にもファンが多く、伝統的な“本物の調味料”を醸し続ける蔵として知られています。

「熟成させることで水と酢酸の分子がうまく馴染むのでしょうか、角がとれて味に丸みが出ます。旨みやコクは、原料の米に含まれるタンパク質がアミノ酸に変わって醸しだされるもので、どんな原料をどれだけ使ったかが勝負です」
と語るのは、飯尾醸造の五代目当主、飯尾彰浩さん。

酢は、人間が作った最古の調味料と言われ、酒の歴史とも重なります。
日本で酢と言えば一般的に「米酢」をさし、「酢もともろみ(=酒)」と種酢、水を桶やタンクに入れて、じっくりと熟成させることで完成します。

現在は、タンクにエアーを吹き込んで撹拌し、1~3日で発酵させる「全面発酵法」が主流。熟成はわずか1ヶ月程度というメーカーが多くを占めるなか、
飯尾醸造のすごいところは、半年かがりで原料の米から育て、「酢もともろみ」の元となる酒づくりを自社で行っていること。さらに、原料を仕込んだ後は、かき混ぜずにそのまま置いておくという、時間と手間をかけた「静置発酵法」で醸していることです。

静置発酵にかかる日数は100日内外、さらに熟成に8カ月以上。米づくりに始まから、トータル2年もの歳月をかけて酢を醸しているわけです。
いかに、時間と手間をかけた贅沢な製法かがわかります。
はちみつを加えて飲みやすくした「はちみつ入り 紅芋酢 120ml」

原料も追求。昭和37年以来、一貫して無農薬米を使用。

さらにすごいのは、原料のお米へのこだわり。
飯尾醸造が米酢づくりに無農薬米の使用に乗り出したのは昭和37年。
まだ「オーガニック」という言葉さえ知られていなかった時代です。
農薬を使った田んぼからあらゆる生き物が消えたのを目のあたりにして、3代目が非常な危機感を抱き、農家を説いて回ったのが始まりでした。以来、飯尾醸造では、人里離れた棚田で栽培された無農薬米を使い続けています。

このような良質な原料を使い、じっくり時間をかけて造り上げた純米酢は、酸味はまろやか、深いコクと旨みがあり、大手スーパーなどで市販されている酢とは一線を画す味わい。
そんなこだわりの蔵、飯尾醸造の蔵人達が毎朝飲み、健康と美容を支えているのが、この「紅芋酢」なのです。
はちみつを加えて飲みやすくした「はちみつ入り 紅芋酢 120ml」

アントシアニンがびっくりするほど入った「飲む酢」。

「紅芋酢」は、農薬を使わずに栽培された紅芋を原料とし、紅芋酒を造ることから始まります。
そして、醪(もろみ)を搾った紅芋酒に酢酸菌をつけて発酵。時間の経過と共にビビッドなピンク色へと変化し、約200〜250日の発酵期間を経て、最後にろ過をして「紅芋酢」が出来上がります。

「紅芋酢には、アミノ酸はほとんど含まれていないのですが、そのかわり、身体を守るのに重要な抗酸化物質・ポリフェノールの一種、アントシアニンがびっくりするほど入っているんです」
と、飯尾さん。

アントシアニンは、近年では健康に寄与する機能性物質として注目されており、抗酸化作用、がん予防効果、視機能改善作用、血小板凝集阻害作用などが明らかにされていますが、紅芋酢に使われている紅芋は、一般的な芋よりも10倍以上の抗酸化力をもち、アントシアニンが豊富な「ムラサキマサリ」という品種。
ブルーベリーやブドウのそれとは違う、特殊なアントシアニンなのだそうです。

昭和37年以来一貫して無農薬米を使用

飯尾醸造が無農薬米の使用に乗り出したのは昭和37年。
まだオーガニックという言葉さえ知られていなかった時代です。農薬を使った田んぼからあらゆる生き物が消えたのを目のあたりにして、3代目が非常な危機感を抱き、農家を説いて回ったのが始まりでした。以来、飯尾醸造は棚田でつくる無農薬米を使い続けています。

一般的に玄米は胚芽の部分に多くの農薬が残留することが知られていますが、「富士玄米黒酢」は人里離れた棚田で栽培された無農薬米を使用しております。
原材料は無農薬米ときれいな水。安心してお召し上がりいただけます。

はちみつが入っていない「紅芋酢」のみも登場しました!

▼ 農薬不使用の国産紅芋からつくった紅芋酒を発酵・熟成させた飲むお酢。下記からご購入いただけます。
無農薬の紅芋を昔ながらに発酵・熟成「紅芋酢 120ml」
原材料 紅芋酢[紅芋、米](京都府)、蜂蜜(アルゼンチン産)
化学調味料 不使用
補足:
保存料・着色料 不使用
補足:
内容量 120ml
賞味期限 製造より1年半
保存方法 直射日光のあたらない場所で、常温保存 ※オリがたまることがありますが、品質には問題ありません。
産地 京都府
配送温度 常温
お届けの目安 通常 14時までのご注文で即日発送
商品コード FF-097

カートに戻る