雑誌「自遊人」が運営。無添加・有機・オーガニック食材の通信販売「オーガニック・エクスプレス」

iso

リニューアル

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ファンアワード

読み物一覧

野菜
発酵 × 乳酸菌で作った “野菜の完全型”野菜ジュース

野菜
有機・無農薬で栽培した西日本の野菜セット

野菜&果物ジュース
“食べる”野菜&果物ジュース

サバイバルフーズ
究極の非常食 サバイバルフーズ

里山十帖のおとりよせ
Redefine Luxury 里山十帖のお取り寄せ

せんべい
ご飯として食べるお米を使った大判手焼き煎餅

せんべい
天然醸造の味噌

農業
西日本が強くなれば日本の農業はもっと強くなる。

縮布を内側まで使った贅沢なブックカバー

小千谷縮のブックカバー

小千谷縮のブックカバー
  • 産地直送

縮生地を使用した文庫本サイズのブックカバー

天然繊維の中でも、吸湿性・放湿性・熱伝導性に優れている麻100%

ユネスコ無形文化遺産に指定された「小千谷縮」を使用しています

出荷元:布ギャラリー水田

ポイント: 12 Pt

2,500 (税抜)
色:
数量:
内容 価格(税抜)
墨色 2,500円
緋色(ひいろ) 2,500円
小千谷縮のブックカバー

さらりとしたシャリ感が特徴の縮のブックカバー

布ギャラリー水田のオリジナル縮生地を使用した文庫本サイズのブックカバー。
カバーの内側やブックマーク部分にも縮布を贅沢にも使っています。

縮のしゃりっとした手触りは、長い時間でも心地よく読書を楽しめ、デザインもシンプルな縞模様で、世代を問わず使いやすくなっています。
また色も墨色と緋色の2色があり、どちらも綺麗な色をしていますので、プレゼントに、ご自分用に、色違いで揃えるのもおすすめです。


「小千谷縮」は、麻織物の中でも最高級といわれ、
独特の風合いのあるシボ(細かい波状の凸凹したしわ)で知られています。

しわのある表面が肌にあたって痛そうな気がしますが、
さわってみるとしなやかで優しく、全くそんなことはありません。

「小千谷縮」に使用する麻は、
麻のなかでも、苧麻(ちょま)、またはからむしとも言われる「ラミー」。
水分の吸収・発散性は、天然繊維の中でも、このラミーが一番優れているそうです。


サイズ:約29×14.5
色:左→墨色、右→緋色(ひいろ)
小千谷縮のブックカバー

重要無形文化財、ユネスコ無形文化遺産にも登録された「小千谷縮」。 品質の高さは折り紙付きです

「小千谷縮」は、新潟県小千谷市周辺を生産地とする麻織物。

小千谷をはじめ新潟・魚沼地方一帯では、1000年以上前より、
自生の「青苧」といわれる植物から作られた「越後麻布(越後上布)」という
麻織物が作られていました。

麻は乾燥に弱いため、生産するには適度な湿気が必要です。
雪深く湿気が多い小千谷周辺地域は、麻織物に適した環境のため
麻織物が発展したのです。

平安時代中期に編纂された書物、『延喜式』には、
越後から麻布を上納したことが記されており、
当時の最高級織物として認知されていたようです。

その後、江戸時代に入り、播州明石からやってきた堀次郎将俊という元藩士が、
この「越後麻布(越後上布)」に着目。
緯糸(よこいと)に強いヨリをかけ、風合いのあるシボを作り出す技法を生み出し、
改良を重ねて「小千谷縮」ができあがったと言われています。

熟練の織職人さんが、経糸(たていと)に、緯糸(よこいと)を、
一本一本、柄を丹念に合わせながら織り上げる「小千谷縮」。

織り上げた布は、
こちらも熟練の職人さんが、お湯の中で手で揉み込む「湯もみ」によって、
布に“シボ”を作り出します。
シボが縦にきれいに表れるよう、湯から上げてさらに絞りこみ、
その後、乾燥させて反物に仕上げます。
熟練の職人さんでないと、均等に美しくシボをつけるのは難しいのだそうです。

こうして手仕事で丁寧に作られる「小千谷縮」は、
1955年、国の重要無形文化財に指定され、
2009年にはユネスコ無形文化遺産に登録されました。

品質の高さは折り紙付きです。
小千谷縮のブックカバー

墨色

小千谷縮のブックカバー

緋色(ひいろ)

原材料
化学調味料
保存料・着色料
内容量
賞味期限
保存方法
産地 新潟県小千谷市
配送温度 常温
お届けの目安 通常 1週間~10日程度で発送
商品コード FT-120_BL

送料ひとつでお届けできます!

※一例です。同じ発送場所からの品は一緒にお届けできます。

カートに戻る